メニュー
むしはは
この記事を書いた人
虫が苦手な40代主婦。
虫が大好きな息子(5歳)と生活する中で知った、便利だった物や役に立ったこと、体験談を紹介しています。
また、家にある300冊の子供の本の中から、おすすめの本の情報も載せています。
アーカイブ
カテゴリー

【3歳~中学年】目を見張るほどの美しい写真が魅力!「小学館の図鑑NEOの科学絵本」レビュー

当ページのリンクには広告が含まれております。

シンプルで調べやすく、読みやすい図鑑「小学館の図鑑NEO」。

本屋の図鑑コーナーに必ず置いてある、人気の図鑑ですよね。

そんな小学館の図鑑NEOから、身近な自然や生きものをくわしく知ることができる写真絵本「小学館の図鑑NEOの科学絵本」が出ているのをご存じですか?

「小学館の図鑑NEOの科学絵本」では、普段なかなか見ることができないような瞬間の美しい写真が、たくさんおさめられています。

色彩も美しく、写真だけながめていても楽しめるので、小さな子どもにもオススメです。

「幼児から楽しめる、むしの写真絵本を探している」

「人気のむしである、オオムラサキ、カマキリ、オニヤンマについてくわしく知りたい」

「むしの生態を学べる絵本でオススメは?」

「ほとんど図鑑しか読まない子どもが、読みそうな絵本はある?」

という方に、今回は小学館の図鑑NEOの科学絵本の魅力と、シリーズの中でオススメのむしの絵本3選を紹介します。

むしはは

参考になればうれしいです

目次

小学館の図鑑NEOの科学絵本シリーズの魅力と特徴

「小学館の図鑑NEOの科学絵本」は、人気の図鑑「小学館の図鑑NEO」の写真絵本です。

図鑑を読むだけではわからない生きものの生態などを、よりくわしく知ることができます。

この絵本の特徴は、目を見張るほどに美しい写真と、子どもの好奇心を満たして「自然っておもしろい」と思わせてくれるお話かと思います。

見かけたり、興味を持った生きものを図鑑で調べるのもよいですが、例えば、「どんな暮らしをしているんだろう?」というところまでは、図鑑の説明文だけではあまりイメージすることができなかったりします。

しかし、絵本では、興味がある生きものについて、もう少し深く掘り下げて知ることができます

自然や生きものについて、大迫力の美しい写真でわかりやすく知ることができる「小学館の図鑑NEOの科学絵本シリーズ」は、子どもの「もっと知りたい!」にこたえてくれる頼もしい存在の絵本です。

普段、図鑑しか読まない子も、楽しめるのでは?と思います

小学館の図鑑NEOの科学絵本
  • 出版社:小学館
  • 対象年齢:3歳から中学年
  • ふりがなあり
  • 写真絵本

「小学館の図鑑NEOの科学絵本」むしの絵本3選

「小学館の図鑑NEOの科学絵本シリーズ」のラインナップの中には、むしの絵本もあります。

その中で、今回は子どもに特に人気の、オオムラサキ・カマキリ・オニヤンマについて知ることができる3冊を紹介します

オオムラサキと里山の一年 夏の雑木林にかがやく、日本の国蝶

むし好きの人たちの間では「ムーちゃん」という愛称で親しまれている、かわいらしい表情の幼虫が表紙です。

雑木林にあるエノキの木を舞台として、オオムラサキの一生が描かれています。

良好な自然環境でしか出会うことができないオオムラサキ。

自分の力で見つけ出して観察し、写真を撮り・・・というのは、素人ではとてもできません。

普段出会えない昆虫を、このように子ども向けの絵本で取り上げてもらっていることはありがたいですね。

美しい日本の自然と優雅なオオムラサキの姿を楽しめる1冊です。

カマキリの生きかた さすらいのハンター

息子の推し昆虫であるカマキリ。

カマキリの写真絵本が読みたいというので探したのですが、意外と見つからないんですね。

ようやく見つけたこちら「カマキリの生きかた」は、カマキリ好きが興奮するショットが満載です。

か弱い幼虫時代から、強い成虫になるまでのカマキリの一生が描かれています。

カマキリの寄生虫ハリガネムシについても触れられています。

カマキリ好きの子どもにイチオシの絵本です。

夏の小川にかがやく宝石、オニヤンマ 日本でいちばん大きなトンボのくらし

なかなか捕まえることができない憧れのトンボ、オニヤンマの一生が描かれています。

オニヤンマの眼ってとてもきれいなエメラルドグリーンなんですね。

タイトルにあるように、まさに宝石のようです。

ふ化直後の小さなヤゴから成虫になるまでの貴重な写真とともに、オニヤンマのくらしや生きかたを知ることができます。

ヤゴの食事シーンは、昆虫好きの子どもはとても喜ぶと思います。

NEOの科学絵本シリーズは写真がとても美しいです。

「夏の小川にかがやく宝石、オニヤンマ」は、キラキラと輝くオニヤンマの眼と夏の小川の写真がとても美しく、思わず手に取って読んでみたくなること間違いなしの一冊です。

まとめ

小学館の図鑑NEOの科学絵本シリーズは幼児から中学年以降まで、長く楽しめる写真絵本です

自然や生きものを深く知りたい!という子どもには、こちらの絵本を一度オススメしてみてはいかがでしょうか?

小学館の図鑑NEOの科学絵本シリーズには、今回紹介した「オオムラサキ」「カマキリ」「オニヤンマ」以外にも、むしのものがあります。

他の生きもののものもおもしろく、息子は気に入って読んでいますよ。

他にどんな絵本が出ているのか気になる方は、小学館のHP掲載の「小学館の図鑑NEOの科学絵本シリーズ」ラインナップをチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次