メニュー
むしはは
この記事を書いた人
虫が苦手な40代主婦。
虫が大好きな息子(5歳)と生活する中で知った、便利だった物や役に立ったこと、体験談を紹介しています。
また、家にある300冊の子供の本の中から、おすすめの本の情報も載せています。
アーカイブ
カテゴリー

虫好きの子供へのプレゼントに♪虫のおもちゃのオススメと購入場所(レビュー)

当ページのリンクには広告が含まれております。

以前、息子に誕生日プレゼントのリクエストを聞いたら、「虫のおもちゃが欲しい」と言われました。

むしはは

虫のおもちゃって、何がある?

思いつかなくて調べてみましたが、そんなにバリエーションがないんですよね。

おもちゃ屋さんにも足を運び、虫のおもちゃを探したことが何度もあるのですが、意外と見つからないのです。

見つからないながらもコツコツ探し、ここ3年ほどの間に様々な虫のおもちゃと出会いました。

キャラクターのおもちゃほど選択肢はないものの、虫好きの子供が満足するおもちゃは必ず見つかります

今回は、見つかりにくい虫のおもちゃの購入場所虫のおもちゃのオススメを紹介したいと思います。

そんな方にむけて

息子が実際に使っているおもちゃを中心に、レビューを含めて紹介してみました。

プレゼント選びの参考になれば、うれしいです。

目次

虫のおもちゃの購入場所

虫のおもちゃって、おもちゃ屋さんでほとんど見かけないんですよね。

我が家がどこで買っているかというと、

  • インターネット通販サイト
  • 博物館、昆虫館、生物園の売店
  • よく夏に開催されている昆虫イベントに出店しているショップ

今までの購入場所は、この3つのどこかです。

おもちゃ屋さんでは買ったことがありません。

インターネットで自分で探すと結構大変ですが、昆虫館や昆虫イベントのショップの商品は昆虫メインなので、虫好きの子の欲しいものは必ず見つかります。

足を運んでみるのもオススメです。

虫のおもちゃのオススメ

虫のおもちゃは種類も少ないです。

日本のお店で売られていないような、海外のよく知らないメーカーのものを買い、すぐに壊れてしまったことも・・・

しかし、選択肢は少ないながらも、長く遊べて、虫好きの子供が喜ぶおもちゃは必ずあります

息子が実際に遊んでいるものを中心にオススメを選び、そのおもちゃについてはレビューを含めて書きました。               

よかったら参考にしてみてください。

カブトボーグ(対象年齢6歳~)

昆虫のバトルが楽しめるおもちゃです。

カブトムシとクワガタの戦いが好きな子供って多いですよね。

本物の昆虫で戦わせると弱ってしまいますが、おもちゃなら思う存分楽しめます。

スターターセットの他に、カスタマイズセット、数種類のカブトムシクワガタ、ステージも販売されています。

豪華なセットにすると予算が必要なので、お誕生日プレゼントやお祝いのプレゼントに向いているかなと思います。

むしはは

カブトボーグは息子から欲しいと言われているおもちゃです。
対象年齢になったら検討したいと思います・・・

アーテックブロック(対象年齢:3歳~)

縦、横、斜めに凹凸があり、自由な発想で遊べるブロックです。

対象年齢は3歳~になっていますが、取り外す時に割と力がいるので、3歳だと少し難しいかもしれません。

しかし、言いかえると、ブロック同士がしっかりはまるので、持ち上げてもスカッと外れることはありません。

日本製ということもあり、作りがしっかりしていて長く遊べます。

下の写真は息子が遊んでいるアーテックブロックです。

30ピースの「こんちゅうセット」を買った後、ピースがもっと欲しいということで買い足しているため、「こんちゅうセット」にない色も混ざっています。

いろいろなセットがあるので、最初は買いやすい価格のピース数の少ないセットから試してみてもいいですね。

昆虫フィギュア(対象年齢3歳~)

「世界のカブトムシ昆虫リアルフィギュア」の対象年齢は6歳~、「アニア」の対象年齢は3歳~です。

小さな子どもが遊ぶ場合は、「立体昆虫図鑑」や「アニア」のような足と胴体がくっついているタイプがオススメです。

組み立て式のフィギュアも多くありますが、経験上、必ずバラバラになったり、パーツをなくします。

組み立て式でないタイプは、バトルさせたり虫とりごっこに使ったりしていますが、乱暴に扱っている割に壊れないです。

アニアは値段は少し高く感じますが、丈夫できれいに作られているため、プレゼントにオススメです。

アニアはおもちゃ屋さんでも売られているので、一番身近で手に入りやすい虫のおもちゃではないでしょうか。

カードゲーム(トランプ・メモリーゲーム)

昆虫イベントに遊びに行ったときに、お土産コーナーで買ったリアルビートルトランプ。

プラスチック製で、幼児が扱っても折れにくく丈夫です。

世界の甲虫の絵が描いてあり、息子はババ抜きでカードを引くたびにテンションがあがっています。

また、付属の冊子の「甲虫クイズ」を使って、学びながらゲームができます。

甲虫クイズゲームで遊ぶも良し、シンプルにトランプとして遊ぶも良し。

虫好きの子にオススメのトランプです。

こちらは、はらぺこあおむしの神経衰弱ゲームです。

息子が3歳くらいの頃、「トランプで神経衰弱を教えようかな?」と思ったのですが、当時トランプはまだ持っておらず・・・

インターネットで「はらぺこあおむしメモリーゲーム」を見つけて購入しました。

小さなカードで厚みがある為、3歳の小さな手でもめくりやすいです。

3歳くらいの子供には、トランプの神経衰弱より、絵合わせの方がルール説明がわかりやすいかな?と思います。

はらぺこあおむしの絵が鮮やかできれいなので、遊んでいて明るい気持ちになるカードゲームです。

ジグソーパズル

写真は息子のジグソーパズルです。

「はらぺこあおむし」以外は、昆虫イベントのショップで購入しました。

昆虫の絵のジグソーパズルも意外と種類がないんですよね。

息子の場合、ジグソーパズルは本人のテンションの上がる絵でないと、しまったままになってしまいます。

なので、大好きな昆虫や生きものの絵柄を探して購入しています。

はらぺこあおむしのジグソーパズルはいろいろあるので、難易度も絵柄も選べます。

小学館図鑑NEOまるごとシールブック

息子が2~3歳の頃、お気に入りすぎて2回も購入したシールブックです。

シールにしては少し高いんですが、たっぷり270枚リアルな写真のシールが入っています。

虫の名前もそれぞれ載っているので(名前部分も小さいシールになっている)、まるで図鑑です。

「里山の自然」「昆虫カレンダ」ーの小さいポスターが折り込まれていて、そこに虫のシールを貼って遊んだりもできます。

お出かけにもピッタリです。

同じシリーズで「イモムシとケムシ」のシールブックもあります。

まとめ

意外と見つかりにくい虫のおもちゃ。

おもちゃ屋さんをはじめ、いろんなところで探してきましたが、結局は「虫好き」が集まるところで見つかりやすいです。

インターネットも便利なのですが、定価で売られていない場合もありますので、メーカーの公式サイトで定価を確認してから購入することをオススメします。

お子様のお気に入りに出会えますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次