メニュー
むしはは
この記事を書いた人
虫が苦手な40代主婦。
虫が大好きな息子(5歳)と生活する中で知った、便利だった物や役に立ったこと、体験談を紹介しています。
また、家にある300冊の子供の本の中から、おすすめの本の情報も載せています。
アーカイブ
カテゴリー

はじめての昆虫図鑑「日本の昆虫・世界の昆虫の図鑑」オススメ(レビュー)

当ページのリンクには広告が含まれております。

「子供が虫に興味があるから、図鑑を買おうかな?」

「虫好きの子供が喜ぶ図鑑は何?」

「似ていて違いがわからない。」

子供の図鑑選びに迷っていませんか?

図鑑は値段もそこそこするし、失敗したくないですよね。

虫好きの息子は、図鑑が好きでよく読んでいます。

そのため、我が家の本棚には図鑑がたくさんならんでます。

今回は、虫図鑑の中から「日本の昆虫・世界の昆虫図鑑」のオススメを、レビューとあわせて紹介します。

幼稚園から小学生の子供向けの図鑑が中心です。

はじめての昆虫図鑑にぴったりのオーソドックスな図鑑ばかりを選びました。

似ている図鑑は、比較してまとめています。

図鑑選びに迷っている方は、読んでみてください。

むしはは

参考になれば嬉しいです。

目次

図鑑の定義

図鑑とは、

鳥・魚・こん虫などを、図や写真で具体的にわかりやすく説明した本

金田一京助編『国語辞典』第十一版、小学館、2019年、p.649「図かん」

とします。

図鑑って必要?

お子様が虫に興味を持った時、図鑑を購入するのがオススメです。

「インターネットがあれば、図鑑は必要ないのでは?」という方もいらっしゃるでしょう。

答えはYESです。

「虫を特定する」という目的であれば、インターネットでも十分できます。

では、インターネットにはない、図鑑のいいところはどこでしょう?

まず、図鑑は子供が自分で調べられます。

偶然開いたページで「こんな虫もいるんだ!」という発見があります。

何度も何度も読むことになるでしょう。

たくさんの知識を蓄えることができます。

いろんな虫を覚えると、もっと虫とりが楽しくなりますよ。

図鑑は少し高価ですが、値段以上の価値があります。

インターネットも便利なので、虫でわからないことがあればよく利用しています。

しかし、図鑑はインターネットとは違った良いところがあります。

もし、お子様に興味がある分野があるならば、図鑑を1冊用意してあげることをオススメします。

日本の昆虫の図鑑

日本に生息する昆虫の図鑑を紹介します。

クモなどの節足動物も一部載っています。

小学館の図鑑NEO〔新版〕昆虫

今回紹介する図鑑の中で一番オーソドックスな図鑑です。

幼虫、蝉の抜け殻、雄雌、卵・蛹などの写真も一部で掲載されてます。

興味深いコラムがたくさんあり、読み物としてもおもしろいです。

80分の見応えたっぷりのDVDが付いています。

DVDの内容もおもしろく、映像がとてもきれいです。

息子は数え切れないほど、繰り返し見ています。

大人が見てもおもしろいですよ。

DVDは「ドラえもん」が登場します。

シンプルで調べやすいので、我が家では一番使われている図鑑です。

「小学館の図鑑NEO昆虫」まとめ
  • 日本で見られる昆虫約1400種掲載
  • 分類(目)ごとに掲載
  • 1匹ごとに簡単な解説と、分類(科)・大きさ・分布・成虫が見られる時期、食べ物、鳴き声などの情報
  • 大きいサイズ
  • 80分のDVD付き(ドラえもん登場)
  • 昆虫用語集がある
  • ふりがな有り

小学館の図鑑NEO POCKET 昆虫

「小学館の図鑑NEO」の小さいサイズ、「ネオぽけっと」シリーズの昆虫図鑑です。

DVDは付いていません。

持ち運びできるサイズで、虫とりのおともにぴったり。

昆虫を野外で観察する時に役立つコラムが載っています。

無駄がなく、非常にシンプルで使いやすいです。

小学館の昆虫図鑑(大・小ともに)には「完全変態」などの昆虫用語の説明が載っているページがあります。

図鑑の中でわからない言葉が出てきても、あちこち調べる必要はありません。

「小学館の図鑑NEO POCKET 昆虫」まとめ
  • 日本で見られる昆虫約850種掲載
  • 分類(目)ごとに掲載
  • 1匹ごとに簡単な解説と、分類(科)・大きさ・分布・成虫が見られる時期、食べ物、鳴き声などの情報
  • 持ち運びできる小さいサイズ
  • 昆虫用語集がある
  • ふりがな有り

講談社の動く図鑑 MOVE mini 昆虫

「講談社の動く図鑑MOVE」の小さいサイズ、「MOVE mini」シリーズの昆虫図鑑です。

コンパクトですが、約1100種も掲載されています。

掲載数が多いからといって、写真が小さくて見にくいということがありません。

全体的にカラフルで、好奇心が刺激されるような写真がダイナミックに使われています。

この図鑑で特に気に入っているところは「絶滅危惧種」や「珍しい」の情報があるところです。

虫を捕まえて調べる時に、とても参考になります。

そして、この図鑑は「デジタル図鑑」もついてきます。

「デジタル図鑑」は以下の記事で紹介しています。

Q&Aやコラムもあり、楽しく読める図鑑です。

「講談社の動く図鑑 MOVE mini 昆虫」まとめ
  • 日本で見られる昆虫約1100種掲載
  • 分類(目)ごとに掲載
  • 1匹ごとに簡単な解説と、分類(科)・体長・分布・住んでいる環境・成虫が見られる時期、食べ物、鳴き声などの情報
  • 「絶滅危惧種」「珍しい」の記載有り
  • 持ち運びできる小さいサイズ
  • デジタル図鑑もついてくる
  • ふりがな有り

「小学館の図鑑NEO POCKET 昆虫」と「講談社の動く図鑑MOVE mini 昆虫」の比較

「小学館の図鑑NEO POCKET 昆虫」「講談社の動く図鑑MOVE mini 昆虫」は、どちらも日本の昆虫を調べることができる、小さいサイズの昆虫図鑑です。

どちらの図鑑を選ぼうか迷っている方が参考になるように、2冊を比較してまとめました。

タイトルは省略して

  • 「小学館の図鑑NEO POKECT 昆虫」=「ネオぽけっと」
  • 「講談社の動く図鑑MOVE mini 昆虫」=「ムーブミニ」

とします。

比較まとめ
  • 掲載種:ムーブミニの方が多い(ネオぽけっと:約850、ムーブミニ:約1100)
  • 1匹ごとの情報:基本情報に加え、ムーブミニは「絶滅危惧種」「珍しい」の記載あり
  • 本の大きさ:ネオぽけっとの方が若干小さい
  • 本の厚み:同じ
  • ふりがな:ともに有り
  • デザイン:ネオぽけっとはシンプルで、ムーブミニはカラフル
  • ネオポケットは「完全変態」などの用語解説のページあり
  • 幼虫やセミの抜けがらなど、成虫以外の姿の写真はネオポケットの方が多い
  • ムーブミニはデジタル図鑑がついてくる
  • ネオぽけっとは、調べやすさを重視して作られている印象、ムーブミニは子供の好奇心や楽しい気持ちを重視して作られている印象

息子は「ネオぽけっと」をお出かけ用に購入した後、「ムーブミニ」を購入しています。

「ネオぽけっと」の内容に不満があったわけではなく、「こっちの図鑑もおもしろそう」という理由で購入しました。

どちらが優れているというわけではなく、2冊とも違った魅力のあるポケット図鑑です。

どちらか迷ったら、雰囲気で決めてもいいかもしれません。

図書館や、見本が置いてある書店で中身を一度見るのがオススメです。

せっかく買うのだから、長く読みたいですよね。

お気に入りになりそうな1冊を選んでくださいね。

学研の図鑑LIVE POCKET Special 沖縄の昆虫

「学研の図鑑LIVE」の小さいシリーズ「学研の図鑑LIVE POCKET」シリーズの昆虫図鑑です。

同じ日本でも、地域によって見られる昆虫は違います。

「学研の図鑑LIVE POCKET Special 沖縄の昆虫」は鹿児島県南部から沖縄県で見られる昆虫を調べることができます。

沖縄では一般的な昆虫図鑑で調べるのではなく、沖縄の昆虫図鑑が便利です。

持ち歩けるサイズなので、旅行に持って行けます。

ページにあるQRコードを読み込むと、公式YouTubeチャンネルへ飛び、鳴き声や動く様子の動画をスマホで再生できます。

学研の図鑑のデザインはシンプルです。

識別方法やコラムも載っています。

「学研の図鑑LIVE POCKET Special 沖縄の昆虫」まとめ
  • 鹿児島県南部から沖縄県で見られる昆虫約600種掲載
  • 分類(目・科)ごとに掲載
  • 1匹ごとに簡単な解説と、大きさ・成虫が見られる時期・成虫が見られる環境、分布などの情報
  • 持ち運びできる小さいサイズ
  • 用語解説集あり
  • ページのQRコードを読み取ると、動画をスマホで再生できる(鳴き声、動く様子など)
  • 簡単な漢字にはふりがな無し

世界の昆虫図鑑

人気の昆虫勢揃い!

世界の昆虫が載っている図鑑を紹介します。

角川の集める図鑑 GET!昆虫

「角川の集める図鑑GET!昆虫」は大きいサイズの図鑑です。

この図鑑のすばらしいところは、地域ごとに生息する昆虫を掲載しているところです。

「ニジイロクワガタってどこにいる?」と調べたときに、「オーストラリア」という答えだけではもったいない。

さらに、「オーストラリアがどこにあるか」までチェックできれば、地理の勉強にもなりますよね。

「ニジイロクワガタいるオーストラリアの場所はここ」と地理を学ぶことで、世界に興味をもつきっかけになるかもしれません。

GET!図鑑は世界地図全体と、「東南アジア」などエリアごとの地図が載っています。

エリアごとの地図上には、生息している昆虫の絵がかかれているので、大好きな昆虫を通して地図に親しめます。

また、GET!図鑑昆虫は「おもしろい楽しい」を重視して作られている印象です。

オンラインサービス「GET!+」を利用すると、カードをコレクションして自分の図鑑をつくって遊べるほか、おもしろい工夫があり楽しく読める図鑑です。

「角川の集める図鑑 GET!昆虫」まとめ
  • 世界の昆虫約1500種掲載
  • 地域ごと・環境ごとに分けて掲載
  • 1匹ごとに簡単な解説、分布・幼虫の食べ物などの情報
  • 世界地図上に昆虫が描かれている
  • オンラインサービス「GET!+」で遊びながら学べる
  • 大きいサイズ
  • 用語解説集あり
  • ふりがな有り

小学館の図鑑NEO 昆虫2 地球編

小学館の図鑑NEOのシリーズ。

昆虫2は世界の昆虫が載っている図鑑です。

こちらは昆虫1(日本の昆虫)とは全然違い、コラムや説明がほとんどありません。

博物館で飾ってある標本がそのまま本になったような、写真メインの図鑑です。

「2000種以上の昆虫を、博物館に行かずに家でも眺めたい!」という方にオススメです。

70分の見応えたっぷりのDVDが付いています。

DVDは「ドラえもん」が登場します。

世界の昆虫の美しく、おもしろい貴重な映像が見られます。

「小学館の図鑑NEO 昆虫2 地球編」まとめ
  • 地球上で見られる昆虫2000種以上掲載
  • 分類(目)ごとに掲載
  • 1匹ごとに採集地などの情報
  • 大きいサイズ
  • 70分のDVD付き(ドラえもん登場)
  • ふりがな有り(ただし、アルファベット表記多数)

「角川の集める図鑑 GET!昆虫」と「小学館の図鑑NEO 昆虫2地球編」の比較

「角川の集める図鑑GET!昆虫」「小学館の図鑑NEO昆虫2地球編」はどちらも外国の昆虫が載っている大型図鑑です。

どちらを買おうか迷っている方が参考になるように、比較してまとめました。

タイトルは省略して、

  • 「角川の集める図鑑GET!昆虫」=「GET!昆虫」
  • 「小学館図鑑NEO昆虫2地球編」=「昆虫2」

とします。

比較まとめ
  • 掲載種:「昆虫2」の方が多い(GET!昆虫:約1500、昆虫2:約2000)
  • 1匹ごとの情報:「GET!昆虫」の方が多い
  • 本の大きさ:ほぼ同じ
  • 本の厚み:ほぼ同じ
  • ふりがな:ともに有り
  • 昆虫の分け方:「GET!昆虫」は地域ごと、「昆虫2」は分類ごと
  • 「昆虫2」は英名はアルファベット表記多数(「GET!昆虫」はアルファベット表記無し)
  • デザイン:「GET!昆虫」は楽しい雰囲気、「昆虫2」はシンプル
  • 「GET!昆虫」は遊びながら学べるオンラインサービス(GET!+)がある
  • 「GET!昆虫」は、おもしろさ楽しさを重視して作られている印象、「昆虫2」はビジュアルを重視して作られている印象(DVDはおもしろい、楽しい映像)

興味を持ち始めた幼児向け図鑑

「本格的な図鑑は少し早いかも?」と感じるような場合にオススメの図鑑を紹介します。

掲載種は少ないですが、虫への興味が広がります。

こどものずかんMio むし

絵本と図鑑の間のような1冊です。

「キャベツ畑のモンシロチョウのくらし」や「草むらでどんな虫が見つかるか」など、虫へ興味を持ち始めた小さい子供にぴったりの内容です。

楽しいクイズもあれば、トンボやカマキリなどよく出会う虫の図鑑のページもあり、バラエティーに富んだ内容です。

出版社「ひかりのくに」のHPによると、対象年齢は5・6歳~ということですが、3・4歳くらいから理解できるような易しい文で書かれています。

文字数が割と多いので、3~4歳のひとり読みできない子供への読み聞かせは、区切りをつけながらが少しずつ・・・が良さそうです。

写真とイラストが豊富で、小さな子供でも楽しく学べる昆虫図鑑です。

試しやすい価格という点でもオススメです。

「こどものずかんMio むし」まとめ
  • 日本の昆虫
  • 幼児向け(5~6歳くらいから)
  • 絵本と図鑑の間のような内容
  • 絵本サイズ
  • ふりがな有り
  • クイズあり
  • 写真やイラストが豊富
  • 虫や自然に興味を持ったばかりの子供が楽しめる

小学館の図鑑NEO まどあけずかん むし

仕掛けの「窓」がたくさんついている図鑑です。

窓をめくると、昆虫の解説などが出てきます。

「まどあけずかん むし」は図鑑ではありますが、読み物です。

「何かわからない虫を調べる」という使い方ではなく、仕掛けで遊びながら虫について学べる図鑑です。

「仕掛けの窓を開けると、隠れていた虫の情報が現れる」ということで、一般的な昆虫図鑑や絵本とは違ったおもしろさがあり、仕掛け絵本が好きな子はハマる1冊だと思います。

巻末には虫の英語表記と読み方の特集があり、大好きな虫を通して英語も学べます。

本全体が厚紙でできているため、乱暴に扱う幼児でも安心。

写真はなく、全てイラストで描かれています。

「小学館の図鑑NEO まどあけずかん むし」まとめ
  • 日本の昆虫と世界の昆虫
  • 200種以上掲載
  • 2歳~小学校低学年向け
  • 大きいサイズ
  • 全ページ厚紙
  • 仕掛けの窓があり、開くと虫の解説等が出てくる
  • 英語に親しめる
  • イラストのみ
  • ひらがなとカタカナのみ

まとめ

今回は、子供向けの「日本の昆虫・世界の昆虫の図鑑」のオススメを紹介しました。

どの図鑑も、はじめて選ぶ図鑑にぴったりの内容です。

お気に入りを見つけて、楽しい虫ライフを過ごしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次